<< NHK連続テレビ小説「おひさま」のあらすじ | main | マルモのおきて エンディングダンスの振り付け >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.08.02 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    高校生レストラン あらすじと感想

    0
      ドラマ 「高校生レストラン」のあらすじと感想

      高校生レストランは舞台が三重県ということで
      三重の方言が使われているんですけど

      正直かなり違和感がある…らしいw

      方言とかさっぱりわかりませんが
      地域差で結構違ったりもするらしいし
      変に方言なんか使わない方が良かったんじゃないかと
      思ったりもします。


      これで高校生レストランが味わえる?


      「高校生レストラン」第3話あらすじ

      レストランのオープンが1週間後に迫り、新聞やテレビが相次いで取材にやってきた。
      新吾(松岡昌宏)は浮かれる生徒たちに檄を飛ばし、懸命に指導を続ける。
      オープン前日、生徒たちの持ち場が発表された。陽介(神木隆之介)は天ぷらのチーフを任せられた。
      29人の生徒で1日二百食のノルマは、果たしてうまくいくのか……。そしてオープン当日。
      大挙して入ってくる客に生徒たちは緊張を高める。
      そんな彼らの料理を味見した新吾は、しっかりとうなずいた。
      滑り出しは順調だった。が、一つの失敗をきっかけに失敗の連鎖が起こり、厨房は混乱してしまう。
      ぶつかり合って料理をこぼす者、盛りつけを間違える者……
      「落ち着け!練習通りにやればいい!」という新吾の言葉は、もはや生徒たちの耳に届いていなかった――。

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.02 Tuesday
        • -
        • 14:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        ひまわり証券の特徴